ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ ゲームラボ ゲームクリエイター科blog

【八王子校】コナミの現役クリエイターによる特別講義

2017年07月24日 【八王子校】コナミの現役クリエイターによる特別講義

先日、7月23日に夏のスペシャルセミナーとして、
コナミデジタルエンタテインメントのゲームクリエイターによる
「楽しいゲーム制作講座(導入編)」
を実施しました。
ゲーム業界で活躍しているクリエイターの方からゲーム制作について講義してもらうというものです。

プログラマー編
プログラマー志望の参加者には山下さんがお話をしてくださいました。
unnamed (3)

初めに、自己紹介から始まり、学生時代にどんなことをしていたか、
就職活動ではどんなことが重要か、などゲーム制作の話を挟みながら話してくださいました。
山下さんは本校の卒業生ということで当時の施設やゲームクリエイター科、サークル活動についての話もしてくださいました。

次に、コナミに入ってからのお話では実際のゲーム制作でどんなことをしてきたかをわかりやすくお話していただきました。
どんなときやりがいを感じるか、ゲーム制作の面白さ、など非常に興味深い内容で
参加者もゲーム制作とはどんなものか知ることができたのではないでしょうか。

最後に、ゲーム業界を目指そうとしている参加者に向けてのアドバイスをして本日の講義は終わりました。


プランナー編
プランナー志望の参加者には岩田さんがお話をしてくださいました。
お話の内容は、現在のコナミに所属するプランナー職の業務内容についてでした。
unnamed (3)

まずは、現在のコナミに所属するプランナーの種類についてでした。
現在のコナミではプランナー職が大きく二つに分かれており、
それぞれ[ゲームプランナー][オペレーティングプランナー]と呼ばれ、
企画中心のプランナーと運営中心のプランナーに分かれているそうです。
これは業界的にも珍しいことで、一般的にはゲームプランナーに統括されているそうです。

そして各プランナーの業務を少し詳しく話した後、現在のプランナーに求められている
様々なスキルについてのお話をしてくださいました。発想力・コミュ力など
学校の授業でも言われているものから、洞察力・整理力・細かさ・マメさ、と言った
実際に働いている人でないと分からないものまで教えてくださいました。
企業に応募する際の注意として、上記の物だけでなく得意分野を作っておくと良い
と言うお話もしてくださいました。ゲームが好きで、ゲームの企画を考えてくるのは
プランナーとして当たり前だけれども、プランナーとして他の人と異なる強みを
持っていると目に留まりやすいため、今から様々なことを経験して強みを持つべきなのだそうです。

最後に、本当にやりたいことを考えるというお話をしてくださいました。
沢山の事をして長く続けていくには、そもそも好きでやりたくてたまらないという
人でないとうまくいかず、苦しいだけになってしまうので、入学する前に今一度
[本当にやりたいことは何か?]を考え、[何故プランナーを選んだのか]や、
[何故ゲーム業界の中でもプランナーなのか]をしっかり考え、実際に体験してみるべき
だとのことでした。もし体験してみてそれでも[やりたい][楽しい]と思ったならば、
プランナーになるためにしっかり頑張っていってほしいとのことでした。


今回の講義はゲーム業界志望の人たちにとってとても良い経験になったのではないでしょうか。


補助員M、補助員Nでした。

n-22765020 at 19:40 | この記事のURL | |