ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ ゲームラボ ゲームクリエイター科blog

【蒲田校】6/24(金) 中村先生特別講義です!!

2016年07月01日 【蒲田校】6/24(金) 中村先生特別講義です!!

皆さんこんにちはU。・x・)ノ
今回はしっかり写真を用意しての投稿なのです(゚▽゚*)
内容が内容なので比較的マジメモードで書いてます。

今回は神奈川工科大学より中村隆之特任准教授にお越しいただきまして、
一年生に向けてEMSフレームワークについての講義をしていただきました。
中村先生は昨年度に引き続き、2度目の講義となります。

しかし、今回の相手は前回のおよそ倍の約90人×2セット(午前午後)と、
人数が多いので大変かな?と思いきや、グループワークがメインということもあって、
むしろ盛り上がった感じでした。(゚ー゚;A
ブログ

ブログ
↑講義(上)とグループワーク(下)の様子なのです。

EMSフレームワークって何?という方には、
過去のブログを見てね(*^-^)
と言いたいところですが、簡単にいうと、

ゲームに限らず、
アイディアなんか無い?と言われると意外と出てこない…
そんな場面に皆さん一度は遭遇したことがあるのではないでしょうか?
ボクはありますよ。何度もねッ‼
おっと、失礼。ボクの愚痴はどこかに放り投げておいて…

そんな時に、EMSフレームワークの出番です。(ゲームがメインですが)
ゲームには常に、目的と手段がある、というかそれさえあれば最低限のゲーム企画になる。
それがEMSフレームワークです。
要するに、
「○○を××して(手段)、□□を△△する(目的)ゲーム」
といった感じです。既存のゲームで具体例を挙げると、
「パズルを連鎖させて、敵モンスターを倒すゲーム」(パズドラ)
みたいな感じになります。
この一文でもう立派にゲームの説明ですよね。

そして、説明を受けた学生たちには、
EMSフレームワークを使ったゲームの案出しのグループワークを
15分を3セットやってもらいました。

一番多く考えた班は15分で150以上の案を出していました。
これには中村先生も驚いた様子でしたね。
もちろんボクもビックリしたのですΣ(゚д゚;)
書くペースの速いのなんのって…
しかも、訓練すればこれ位にはなれますという中村先生のお話にさらに驚愕デース!

ブログ
↑この付箋ひとつひとつがアイデアなんだって!この数はすごいよネ!!

出てきた案はこれはイケる!というものから、奇想天外なもの、意味不明なものまで
たくさん出てきて後で確認が大変そうでした(嬉しい悲鳴ですね(笑))

最後には各グループで推し案を決めて中村先生の講義は終わりを迎えました。
この講義を学生たちがどのように生かしていくのか楽しみなのです。
中村先生、ありがとうございました!なのです。
(写真を撮るのがヘタですまない…)

ブログ

IMG_5372

n-22765020 at 11:15 | この記事のURL | |