ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

第十二回 卒業・修了制作報告(八王子)

2009年02月18日 第十二回 卒業・修了制作報告(八王子)

2009年2月17日 天候(花粉がよく飛ぶ風の強い晴れ)


チーム制作報告リターンズ!


長々と続けてまいりましたチーム紹介も、今回の21、22班で最後となります。


21班は、チーム「幻創詩人」です。

C++言語を使用して、パソコンで動く、「BattleFront」という3人称視点の3Dロボットアクションゲームを制作中です。

21title21play








コンセプトは「機体操作を活かして突き進む爽快バトル」。
ゲーム中に数多く登場する敵ロボットを撃破しながら、ステージを進んでいきます。


最終ステージにいるボスを倒すとゲームクリア。

見どころとしては、コンピュータグラフィックス科の学生が作成したリアルなロボットのモデルたちです。

主人公機として選択可能な2体のロボットや、敵キャラクター、ステージ、などで完成度の高いモデルを使用しています。



現在の完成度は、30〜40%とかなり遅れ気味です。

卒業制作展まで時間がないので、全力で制作中です。




最後に22班の紹介です。

22班は「埋まっちゃうおじさん」です。

この班は、XBOX360上で動く「FairySeed」というゲームを製作しています。

そのため、言語はC#を使用しています。


ゲームのコンセプトは「大自然トラップアクションゲーム」で、ジャンルは3Dのアクションゲームです。


22title22play








プレイヤーは、森に住む妖精の少女で、森を破壊しようとやってくる工事のおっさん達を相手に戦いを繰り広げていきます。


様々な植物の種を撒き、水を与えることで植物を成長させ、その植物が敵を攻撃するというシステムです。

状況に応じて植物の種を使い分ける戦略が必要になります。


この班もコンピュータグラフィックス科の学生と共同で制作を行っています。

もしプレイする際は、妖精の少女や、敵キャラのおっさんなど、味わい深いモデルたちをお楽しみください。


現在の完成度は90%とほぼ完成しています。

あとは、不具合のあるところや、ゲームをよりおもしろくするように頑張っていくそうです。



以上で、最終回となるチームの紹介は終了です。


今後は、イテレーションチェックや、当日の様子などをお伝えしていきますよ!


担当 K.N(。。

n-22765020 at 16:28 | この記事のURL | |