ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

授業紹介:水曜日(八王子)

2008年07月11日 授業紹介:水曜日(八王子)

2008年7月11日 天候:



3回目となりました講義紹介コーナー。

今回は順番どおり水曜日の授業について紹介して行きます。

まずは1年生の授業です。



C言語
半日分が座学でC言語の授業をしています。

C言語の学習では変数宣言、コンソールへの出力の仕方などの初歩から始まります。

次第に難しい文法の解説へと進んでいき、3ヶ月たった今では関数と引数について学んでいます。

授業構成は前半で文法や用法の解説をし、後半でプログラムの穴埋め問題や練習問題をやっています。

コンピュータを使わないプログラムの授業!
紙にプログラムを書くと、実際に実行をして確かめるのとは違って、プログラムの動きを頭で考えるトレーニングにもなります。



Office実習
Officeの授業では、エクセルの実習があります。

この授業では教科書で決められた処理条件に従って、表とグラフを作成しています。

今回は地区によってのガソリンの平均価格の違いや電気料金や水道料金についての表とグラフを作成しました。

エクセルの操作・利用スキルはゲーム業界でもIT業界でも必要なスキルとなっています。様々な練習問題を体験し、いろいろな利用法を身につけています。




次に2年生の授業です。

水曜日は、2年生の授業は半日分割り当てられています。

授業としては、パソコンを使った実習になります。

携帯ゲーム制作
この授業では、JavaとDoja(ドージャ)と呼ばれるアプリケーションプログラムインターフェースを使って、
ドコモの携帯で実際に動くiアプリの勉強をしています。

身近な存在である携帯電話、その携帯電話で動く携帯ゲームの需要が高まっています。

そのことで、ゲーム会社でも携帯ゲームをメインに制作するゲーム会社も増えています。

この授業を受け、制作技術が身につけば携帯ゲーム会社への就職も有利になります。

今日、iPhoneが発売され、より携帯ゲームの需要が高まると予想されます。

今後はiPhoneで遊べるゲームの制作も視野に入れていきたいと思います。



最後に3年生の授業です。

水曜日は一日座学の授業が割り当てられています。

基本情報対策
この授業では国家資格の基本情報処理技術者試験の合格を目指して、過去の問題を解き、解けなかった部分を理解するための講義が行われています。

1年次に国家資格である初級システムアドミニストレータの資格対策、2年次に基本情報処理技術者試験対策を彼らは学んできました。

3年目の今年こと絶対に「基本情報処理技術者試験が合格」できるように再トライです。



English
午後は英語の授業をしています。

プログラムをする上で英語は欠かせないスキルのひとつです。

というのも、プログラミング言語の多くは英語に近い表現で記述されているからです。

英語が読めると、プログラムの意味をだいたいつかむことが出来たりもします。

そして何より、最新のゲーム開発に関する情報は英語圏から発信されることが多いからです。

したがって、より早く自分の開発しているゲームに最新の技術を応用したければ、英語がある程度わからなければなりません。

ゲーム作りには、ほんといろいろな知識が必要なんですね。




今回も楽しい授業が盛りだくさんでしたね。

以上で水曜日の授業紹介は終わりです。


担当 AllStaff

n-22765020 at 19:17 | この記事のURL | |