ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

日本ゲーム大賞に応募しました。(八王子)

2008年07月03日 日本ゲーム大賞に応募しました。(八王子)

平成20年7月3日 天候 晴れ

毎年、千葉県の幕張メッセで行われているゲームショウにて開催されている「日本ゲーム大賞 アマチュア部門」に作品を応募しました。

作品としては、前年の卒業制作展に展示した作品の中で、満足な作品ができた班が作品を応募しました。

「チームゴティバ」制作の「ジオラマ大戦」と、「TeamHappyEnd」制作の「DangerousSchoolFight供Rumble〜」の2作品になります。


「ジオラマ大戦」は、巨大怪獣「ゴディバ」を操って、街を破壊していくゲームです。

gdv02
ただ、ゲーム中では破壊を阻止するヒーローたちが現れるので、撃退しつつビルをなぎ倒さなくてはなりません。

ちなみにこの「ゴティバ」は尻尾アタックやサマーソルトキックなどのダイナミックな動きができます。


gdv01
ゲームの最後に破壊した街の割合によりランキングが表示されるのですが、破壊して割合が低いと「おちこぼれ」になってしまいます。

効率よく破壊するテクニックを磨いていくのがなかなかおもしろいです。

ちなみに筆者はおちこぼれを脱出できず苦戦中(>< 

登場してくるヒーローや、一番ダメージを受ける敵の攻撃が「チョップ」なのもなかなか味わい深いポイントです。


「DangerousSchoolFight供Rumble〜」は、3Dアクション格闘ゲームです。

dsf201なぜ兇覆里というと、前年のゲームショーに向けての授業でで制作された「DangerousSchoolFight」の続編として制作されたからです。

前作では3Dアクションの横スクロールゲームだったのですが、これを格闘ゲームで制作しました。


dsf202各キャラクタが繰り出すスキル(技)のエフェクトの派手さが目を引くゲームです。

弓道部部長が強く、アーケードモードではなかなか苦戦しました。

アーケードモードのラスボスも強力ですが、クリアすると達成感があふれてきます。

ちなみに、これら2作品は、ゲームクリエイター科の体験入学に参加すると、プレイすることができますよ!

また、ちかじかゲームクリエイター科のサイトからダウンロードもできます。

まだまだ、作成途中なのでしばらくして、見にきてください。


担当 K.N(。。

n-22765020 at 19:16 | この記事のURL | |