ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

学会:定例報告会「『健康検定』を通して見る日本のシリアスゲーム」(蒲田)

2007年10月26日 学会:定例報告会「『健康検定』を通して見る日本のシリアスゲーム」(蒲田)

DiGRA-Japanの定例会に参加してきました。

先月行われた国際学会DiGRA2007も終わり、今回からまた通常の定例会になりました。

今回の内容は、「健康検定」というソフトを用いたシリアスゲームについて。
シリアスゲームといえば、以前紹介したFood Forceなどが有名です。ゲームを通じて社会に役立てようといった趣旨だと思えば分かりやすいと思います。

今回の定例会では、「健康検定」が作られるまでの経緯と社会情勢など非技術的な部分と、ユーザインタフェイスなどの技術的な部分の話がありました。
個人的には、マーケティング手法などに特に興味と関心を持ちました。
シリアスゲーム・学習支援ソフトなどゲームが身近になりつつある現在。プランナーコースでもじっくり腰を据えて考えてみるのもよいかもしれません。

次回の内容についてはまだ未定ですが、また行きたいと思います。

n-22765020 at 22:12 | この記事のURL | |