ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

学校:東京ゲームショウ2007レポート(蒲田)

2007年09月22日 学校:東京ゲームショウ2007レポート(蒲田)

昨日までのビジネスデーを中心に、個人的にお勧めなブースを紹介します。
多くのブースがありましたが、すべて回ったという人は少ないはず。
そんな中、ちょっと変わった視点でTGSに参加したレポートです。

1:アイレム
もっとも入り口に近い部屋にあったブースです。
内容はR-Typeのデモだったのですが、見せ方が未来のゲーム開発室を体験するというものでした。
現在でも実際に使っている内容なのですが、ちょっとした遊び心満載のブースであったと思います。個人的にはまったのは、コードレス電話。昔電電公社より借りていた黒電話のコードレス版です。シンプルイズベスト。
他にも企画書の成る木や即席カップ麺など多数展示していました。
そして、もっとも心惹かれたのは裏面。バス停がありました。
この遊び心は感激いたしました。

2:NTTアドバンステクノロジ
「ちえらぼ」の名で2回ほど行われたNTT系列の会社が行った展示会。そこでの成果を製品にして販売している企業です。ビジネスデーのみの出展です。
昨年から展示されていたメガネをかけると動物になったり、衣文かけを持つと服に着替えたり、お皿を持つとケーキが出てきたりとセンシングとリアルタイム処理で面白い絵を見せてくれました。
実際に有名なテレビ局でも利用しているとのことでした。ゲーム科で使うのは金銭的にも技術的にも厳しいですが、個人的にはとても興味深いブースでありました。

3:ハドソン(物品販売)
蜂のマークと高橋名人などで有名なゲームメーカーです。このTGSでは懐かしのシュウォッチが予約販売されておりました。もう一人の教員とばったりそのブースで会い、これは即買いだよねと早速注文。
子供のころ流行ったこのゲーム機。全国のプラスチック定規が悲鳴をあげ、新しくなったこの時代。
再度到来するかもしれません。\1,600円はかなりお得だと思います。

ゲーム科学館
最新機種をばらして展示していました。ゲーム機の中身なんて、そんなに個人的には珍しいとは思いませんが(?!)、普段見ることの出来ないものを見ることが出来るのは良い感じだと思います。
また、Wiiリモコンの傾きセンサーがどのようなものかを解説したり、ゲーム業界の職種について解説したり(流石デジタルスケープ)、見ていて面白いものでした。

番外?:日本工学院ブース
最後は自分のところで。
蒲田、八王子、大学と面白い趣向の凝った作品が展示されております。
蒲田はPCゲームが中心で、八王子は携帯、大学は研究発表など各校被る部分もありながら特徴付けていきました。
学生作品集CD-ROMも今日の配布で蒲田分はほぼ在庫0に、八王子も明日には足りなくなることが予想されます。
また、学生が作ったアップルセーバー、だるまさんがころんだでクリアすると品川アクアミュージアムのチケットがプレゼントされたりしています。
ぜひチャレンジを。
学校ブースも面白いものが多々ありますのでぜひ寄ってみて下さい。

明日もありますが、来年も楽しみです。

n-22765020 at 22:55 | この記事のURL | |