ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

お勧めのススメ。(蒲田)

2007年09月10日 お勧めのススメ。(蒲田)

第二回 〜お勧め記事、随時募集中ですの巻〜

ゲーム科の教員・生徒がお送りするお勧めゲーム紹介。
まーたきーたよー。


タイトル:ファイアーエムブレム 紋章の謎
ジャンル:シミュレーションRPG
ハード :SFC
製作元 :任天堂
発売日 :1994/01/21
投稿者 :日月
【内容】
ファイアーエムブレムシリーズ第2作品
(最初に発売されたファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣のリメイク版)で、
前作のファミコンからスーパーファミコンになり、グラフィックや音楽が綺麗になった。
ストーリーがしっかり構成されており、様々なキャラクターが登場する。
キャラクターは格クラスに割り当てられ、戦士・アーチャー・ソシアルナイト・傭兵・僧侶等があり、
育てたキャラクターは、クラスチェンジをしてさらに強力になり、よりそのキャラクターに愛着がでます。
簡単かつ分かりやすいゲームシステムなので、すぐに内容を理解できるのが魅力的。
剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強い。
このように、じゃんけんのような強さを作り、戦闘のバランスをとり、プレイヤーの戦い方が反映される。
後のファイアーエムブレムシリーズに出てくるような小難しい「スキル」などが無いので戦闘も単純かつ明解。
フィールドも綺麗に出来ていて、山や川、城や砦などが存在していて、場所による支援効果が得られるのも特徴
少し難しい要素として、武器は使える回数が決まっていて、それ以上使うと壊れてしまう。

そして何よりもこのシリーズの最大の特徴として「倒されたキャラクターは二度と使うことは出来きない」
これがあるからこそ、このシリーズが有名になったといっても過言ではないと自分は思います
キャラクターを大事にする人はこのゲームがいかに良いバランスで出来ているかわかるでしょう。

【感想】
ゲームバランスはとてもいい、難しい要素と簡単な要素がうまく入っていて、
シリーズ中最も分かりやすいと自分は思います。
今でもこのシリーズが続いているのを見れば、このゲームの完成度がいかに高かったか、
そしてどれだけ楽しいかが分かる事でしょう。
改心の一撃で味方が即死すると、涙と怒りに溢れるのは言うまでもない・・・
いつかはこのようなゲームを作りたいなぁ〜と思っています。

追記:
ファイアーエンブレムの傭兵最強伝説はこの作品から来ているのです。
最初らへんに仲間になるオ○マという傭兵がなかなかのつわもので、敵をなぎ倒してくれます
そして、最初から最後までいるので、ずっと使えちゃうんですね。
特別な能力のない時代にここまで強いやつはきっといないでしょう

第1部(暗黒竜と光の剣)の最終ステージだったかな?
実は馬などに乗っているキャラクターは普通には出られず、乗り物から降りなければならない
みんなばらばらでスタートするから、味方と早く合流したいから出撃したのに意味がない・・・
しかも、装備できる武器が剣しかないので、さらに始末が悪い
槍しか持ってないと戦えもしないという・・・



蛇足ですが、今回日月君が紹介してくれたこのゲームは現在wiiのバーチャルコンソールで配信されています。
自宅のSFCがもう動かない、ソフトが手に入らないと云った人は、こちらを利用してみては?
(補助員 M)

n-22765020 at 13:40 | この記事のURL | |