ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

お勧めのススメ。(蒲田)

2007年09月07日 お勧めのススメ。(蒲田)

第一回 〜本当に帰ってきたお勧めの巻〜

そんな訳で、教員・学生がお送りするお勧めゲーム紹介。
はーじまーるよー。



タイトル:幻想水滸伝
ジャンル:RPG
ハード :PS2
製作元 :コナミ
発売日 :2002/07/11(Best版2003/06/5)
投稿者 :N君
【ゲーム内容】
108人の仲間で人気な幻想水滸伝シリーズの3作品目。
このシリーズは継承者に不老と大いなる力を与える「真の紋章」を
中心にして進む戦争の話です。
主人公が軍のリーダーになったり城を持ったりします。
仲間が増える事に城は大きくなって行きます。
自分の選択、行動一つで仲間を得たり、また失ったりもします。

幻想水滸伝シリーズは今まで5作品+外伝が2作品出ていますが、
この全てに繋がりがあり、「歴史」になっています。

幻想水滸伝靴倭虻遶兇ら15年後の話になっており、
機↓兇離ャラクターが再び出てきたり、その子供なども現れます。
一人一人のキャラクターに個性、それぞれのストーリーがある所が
注目出来る所です。

戦闘システムは3つあり、
1対1の一騎打ち
6人のメンバーでダンジョンに行って戦う通常戦闘
集めた仲間を出す敵国との戦争があります。

【感想】(ネタバレが含まれている内容の為、反転してあります)
僕がこの作品を好きになった理由はストーリーにあります。
前作の機↓兇任話膣屬世辰織ャラクターが今回はラスボスになる
というのは衝撃でした。
そのラスボスの人生がせつない所も感動する所でした。

108人全てを仲間にしたら、ラスボスを主人公として操作できる
隠しシナリオがあるのも良いと思いました。


幻想水滸伝シリーズは謎が多く、徐々にその謎が解決していくので、
次の作品が非常に楽しみです。

僕は戦争系のゲームが大好きで、
それを好きになった理由がこのゲームにあるので
思い出の作品です。

n-22765020 at 13:22 | この記事のURL | |