ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ ゲームラボ ゲームクリエイター科blog

よもやま:メールの認証

2007年01月31日 よもやま:メールの認証

スパムメールで逮捕者が出たり、個人情報保護法関連で事件がおきたりとせしがないIT分野ですが、少しでも軽減しようと方策が採られているようです。

現在のメールシステムの多くはPOP3(Post Office Protocol Ver.3)で受信して、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)で送信します。

昔は、POPもSMTPも独立していたのですが、SMTPに認証システムが無く簡単に送ることが出来ました(POPに関してはメールの受信に関するのでユーザー認証はありました)。
そのうちに、悪意を持った人間がSMTPに認証が無いことを悪用し、他人に成りすまして悪さをする事が起こり始めました。

そこで考え出されたのがSMTPで、メールを送る前にPOPを利用して同じIPからの受信された場合のみ送れるような認証システムをつけました。SMTPで送る前にPOPを利用すると言うことで、POP_before_SMTP という認証システムです。

最近では、さらに認証力を強くするために、ポートの25番を塞ぎ、代わりに587番を利用したり、SMTPを利用しているサーバーに対してユーザー認証が必要になったりする事が増えてきたみたいです。

突然メールの送信のみが出来なくなった!
というときは、契約している会社がこのような対策を講じたのかもしれません。あわてず対処してください。

1こずつ行って、メールの送信を確認してください。

※1:SMTPのポートを25から587に変更する
※2:SMTPの認証を有効にして、POPと同じユーザー名、パスワードを入れる
※3:SMTPの近くにある設定(CRAM-MD5)などにチェックを入れる

これでも改善されない場合、契約プロバイダに相談してみましょう。

n-22765020 at 23:52 | この記事のURL | |