ゲームクリエイター科 ブログ 個別記事(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

お勧めSP:X68000(Sharp)

2006年12月29日 お勧めSP:X68000(Sharp)

今の様にAT互換機(Windowsなど)、マッキントッシュとは違い、各社でハードウェアとソフトウェアがそれぞれ独立していた時代からのゲームをお楽しみください。


今日は前回の続きシャープのX68000です。
パソコンテレビとして販売されたX1の後継機として登場したX68000。当時からグラフィックの良さで他を圧倒していました。PC98が256色の時に30000色を同時に出せていたと思います。初めて触ったのが高校の時の部活でした。

思い出のゲームは2本目です。今回はイース(日本ファルコム)です。先日新作が発表になりましたので知っておられる方もいらっしゃると思いますが、そのゲームの2作目です。
1990年位だったと思いますが、このX68000の店頭ディスプレイにいつもテンポの良い音楽と(当時としては)とても綺麗なグラフィック、アニメーションと目を見張るものがありました。それが、このイース2のオープニングでした。学生時にとても購入できる額ではありませんでしたが、いつかこのマシンとこのゲームを購入したいと強く思ったものでした。結局購入には至りませんでしたが、ゲーム音楽にはまっていったのはこのイース2からでしたし、今でも日本ファルコムのゲームを購入し続けているのもこの時の感動があったからだと思います。

残念ながらこのX68000も伸び悩み、後継機であるX68030というマシンもいまいちぱっとせず終わってしまいました。サーバーとして利用されているとか噂を聞きますが本当のところは良く分りません。現在でこそグラフィックはとても綺麗でしたが、当時ではこのマシンのグラフィック性能にとても魅力を感じたものでした。

n-22765020 at 23:55 | この記事のURL | |