ゲームクリエイター科 ブログ(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ クリエイティブラボ ゲームラボ ゲームクリエイター科blog

クリエイティブラボ科 / ゲームクリエイター科blog

2017年09月20日 【蒲田校】学内CEDEC開催しました!

こんにちは。補助員もじゃです。

先日紹介した学内CEDEC(学生主催の学内セミナー)が本日行われました。
ゲームクリエイター科の学生主体による運営組織、超生徒会が主体で開催された学内CEDECは、学生が日々学んでいる技術や考えなどを共有するイベントです。今回の学内CEDECでは、4つの講演が行われました。

まずはひとつめ、四年制四年 若林大地君による「ゲームグラフィックスの仕組みを見てみよう」です。
2017学内CEDEC - コピー

そもそもディスプレイが絵を出す仕組みから、3Dモデルを2Dのディスプレイに映すためには、コンピュータはどのような処理をしているかなど、グラフィックパイプラインの話が分かりやすく講演されました。

同じく四年制四年 若林大地君による「substancediesignerでエフェクトを作る」では、substancedesignerでエフェクトのテクスチャを機械的作る手段を講演する予定でしたが、一年生の聴講者が多かったため、内容を変更してゲームグラフィックスの仕組みを見てみようの講演を拡張して、講演してくれました。

四年制三年の那須 宗一郎君は、「「おもしろい」を実現するゲームデザイン手法」という題目で、そもそもゲームデザインとは何か、良いゲームデザインを学ぶためにはなにをすればいいのかを講演してくれました。

そして、「コンテストに作品を応募するということ」では、日本ゲーム大賞2016 アマチュア部門で優秀賞を受賞したELEC HEADを作成したパグンタラン・イチロ・デコロンゴン君や、第10回福岡ゲームコンテストで優秀賞を受賞したツナぐるメイトを作成した中山冬駿君。第5回全国専門学校ゲームコンペティションの準グランプリを獲得したHigh CONNECTを作成メンバーの岡山 健人君が登壇し、座談会形式で行なわれました。

mp4_000792773 - コピー

ゲーム制作やコンテスト応募に向けて工夫したことや苦労したこと、受賞後の心境の変化等、三人それぞれの視点から貴重な話を聞くことができました。

皆さん、学生ながらハイレベルな講演ばかりで、私としても非常に勉強になりました。
以上、補助員のもじゃでした!

n-22765020 at 17:51 | この記事のURL | |

2017年09月20日 【八王子校・蒲田校】U-22プログラミング・コンテスト2017最終審査会進出、入選決定!

38回の歴史を誇るU-22プログラミング・コンテスト2017。入選確定となる最終審査会に進出の16作品が発表されました!
応募総数334作品が事前審査によって40作品に絞られ、一次審査を経て16作品が入選・最終審査会進出となったわけです。

そして、なんと!日本工学院八王子校の学生作品

I.Qbe(ジャンル:ゲーム)
BETWEEN THE STEEL(ジャンル:ゲーム)
MiBooK(ジャンル:ゲーム)

が入選・最終審査会進出となりました!さらには蒲田校、段坂君の作品

Bean(ジャンル:言語)

も入選・最終審査会進出。

というわけで、日本工学院として4作品が入選・最終審査会進出!!これは素直にうれしい!制作者の学生の皆さん、おめでとうございます!!
(ちなみに姉妹校の東京工科大学の学生作品も(ジャンル:学習&教育)で1作品が入選・最終審査会進出でした。)

最終審査会は10/1(日)、秋葉原コンベンションホールで行われるそうです。また、ニコニコ生放送でも配信されるとのことです。是非チェックしてみて下さい。
http://www.u22procon.com/

なお、9/21より開催される東京ゲームショウ2017(ビジネスデイ9/21, 22、パブリックデイ9/23土、24日)、日本工学院ブースにて、U-22プログラミング・コンテスト入選作品

I.Qbe(ジャンル:ゲーム)
BETWEEN THE STEEL(ジャンル:ゲーム)
MiBooK(ジャンル:ゲーム)

も展示しております。こちらも是非チェックしてみて下さい!!
http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/

n-22765020 at 1:36 | この記事のURL | |

2017年09月19日 【蒲田校】学内CEDEC(学生主催の学内セミナー)

下記の通り、明日9/20の午後から学生主催の学内CEDECが日本工学院蒲田校にて実施されます。

-------------------------------記------------------------------
学内CEDEC 2017 案内
information

超生徒会から、学内CEDEC2017に参加される皆様に連絡です。
「学内CEDEC」とは、生徒の生徒による生徒のための技術共有イベントで、生徒自身が登壇し、参加者に向けて自身の勉強成果を発表します。参加者もまた学生なので、同じ学校で学ぶ学友がどんな知識を得たのか?インプットの場として利用できます。また、登壇する生徒はアウトプットの場として利用できます。
毎年、OBの先輩たちから引き継がれてきたこのイベントを通じて、ゲームクリエイター科全体のレベルを上げていきましょう。

今回の学内CEDECから、本家CEDECと同じく「聴きたいセッションを選び、セッションが行われる教室に移動する」形式を取ります。
そのため、皆様には事前にセッション一覧をお送りますので、聴きたいセッションを事前に選んで、当日はその時間、教室に間に合うように移動してください。


セッション一覧
program

13:00~13:20
・「開会の儀」(10階・階段教室)登壇者:超生徒会
学内CEDEC2017全体のテーマ発表と、超生徒会による開会の挨拶。
(講義時間:20分)

13:30~14:00
・「プログラマとして」(805教室)登壇者:伊丹琢人(L409PG)
3年間勉強してきて、教えておきたいツールや技術と、インターンに行って
得た知見など。プログラマー向け。(講義時間:30分)

・「ゲームグラフィックスの仕組みを見てみよう」(806教室)登壇者:若林大地(L408PL)
ゲームグラフィックスについて興味があって、シェーダーとか、マテリアル
とかポストプロセスとか聞くけど、つまりどういうこと?仕組みを知りたい
けど今さら聞けない・・・という人向けに、分かりやすくゲームグラフィッ
クスの仕組みを解説。デザイナー以外でも、ゲームグラフィックスに興味が
ある人向け。

14:10~14:40
・「「おもしろい」を実現するゲームデザイン手法」(805教室)登壇者:那須宗一郎(L409PL)
よく聞く「ゲームデザイン」とは結局何なのかの解説と、既存ゲームから学
ぶゲームデザイン手法。プランナー向け。

・「substancediesignerでエフェクトを作る」(806教室)登壇者:若林大地(L408PL)
substancedesignerでエフェクトのテクスチャを機械的に作って、手描きの
ように自然な素材を大量生産する方法。デザイナー向け。

15:00~15:40
・「コンテストに作品を応募するということ」(10階・階段教室)登壇者:パグンタラン イチロ(L409PL)、中山冬駿(L409PL)、岡山健人(L409PL)
様々なゲームコンテンストに作品を創り上げ、応募し、成果をあげた3人に
よるトークセッション。コンテストに応募したからこそ見えたこと、分かっ
たことなどの話。全員向け。

15:40~16:00
・「閉会の儀」(10階・階段教室)登壇者:超生徒会
学内CEDEC2017を終えて振り返りと、超生徒会による閉会の挨拶。


Q.学内CEDECは強制参加?
A.いいえ、自由参加です。学内CEDECは意欲のある学生のためのイベントです。参加する際は「ひとつでもいいから何かを学んで持ち帰ろう」という意識を持って参加してください。

以上

n-22765020 at 12:7 | この記事のURL | |

2017年09月17日 【蒲田校】いよいよ東京ゲームショウです!

こんにちは、教員Mです。

いよいよTVゲームの祭典、東京ゲームショウが
9/21(木)から9/24(日)にかけて幕張メッセ
にて開催されます。(一般入場は9/23〜9/24のみです)

日本工学院は今年も会場1〜3ホールのゲーム
スクールコーナーにブースを設け、学生が
制作したゲーム作品やVR作品等を展示致します。

中でも日本ゲーム大賞アマチュア部門で
最終選考に残った作品と受賞が決定した作品を
専用コーナーにて展示します。

他にもゲームショウの為に学生が開発した
VRゲームをアトラクションコーナーにて展示、
クリア条件を満たすと景品を差し上げます。

また、上記の日本ゲーム大賞アマチュア部門で
好成績を収めた作品は、会場9〜11ホールの
インディーゲームコーナーでも展示致しますので
是非お立ち寄りください。

皆様のお越しをお待ちしております!!

n-22765020 at 10:4 | この記事のURL | |

2017年09月15日 【八王子校・蒲田校】U-22プログラミング・コンテスト2017一次審査進出作品発表!

38回の歴史を誇るU-22プログラミング・コンテスト2017。今回は過去最多の334作品の応募があったそうで、先頃、事前審査を突破し一次審査に進出した40作品が発表されました。

その40作品の中に、我らが日本工学院八王子校に在籍する学生たちの作品が5作品!さらには蒲田校の学生の作品が1作品と、合計で6作品が一次審査に進出しました!

近々、一次審査を突破し10/1に実施される最終審査会に進出する作品が発表されるそうです。さらに良い結果が出るといいですね!

http://www.u22procon.com/

n-22765020 at 23:34 | この記事のURL | |