ゲームクリエイター科 ブログ(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

ゲームクリエイター科blog

2018年08月24日 【八王子校】認知リハビリゲームJcoresをCEDEC2018で発表

毎年夏に実施されています、ゲーム開発者が一堂に会するCEDEC。

ゲームクリエイターとしての最新の情報を収集すべく、教員も学生も積極的に参加しています。
我々教員としては、CEDECでゲームクリエイターとして頑張っている卒業生に会うのも楽しみの一つです。昨日今日の二日間で多くの卒業生と会うことが出来ました。最終日も楽しみです。

また、今年は学生が開発に携わった認知リハビリゲームも発表!
帝京大学医学部の先生が企画・発案し、東京工科大学の亀田先生と株式会社サイバー創研の月江氏と本校ゲームクリエイター科の原田先生がプロジェクト管理を担当し、ゲームクリエイター科の学生・教育補助員と姉妹校である東京工科大学の学生とで共同開発している、認知リハビリゲームJcoresをインタラクティブセッションにて発表しています。

cedec_jcores

認知機能リハビリテーション用ゲームソフト『Jcores』:精神医療におけるゲームの活用https://2018.cedec.cesa.or.jp/session/detail/s5abcb6c0b4fb0

CEDECに訪れている沢山の方々に興味を持って頂いてます。

プロからの最新情報を収集しつつ、自分たちが開発したゲームをプロに見ていただく。学生達にとって素晴らしい夏休みの三日間ですね。

n-22765020 at 1:1 | この記事のURL | |

2018年08月23日 【蒲田校】名物Unity先生の書籍発売

8月22日に本校名物先生、荒川先生執筆の
Unity2018入門書が発売されました!
C2625E14-B67E-42E2-8965-21B6B5190E23
書店やAmazon、はたまた
CEDECの会場でも販売されています!
黄色いヒヨコマークが目印

本校でもUnityでゲーム開発する学生も多いです。夏休み自発的にUnityを勉強している一年生も多々見受けられます。

ゲーム制作において使用媒体は自由です。作りたいものに向け、効率や使い勝手を意識しておけばOK!様々なチームを組み制作する機会があるのでUnityが共通ゲームエンジンとして選ばれる傾向です。


https://www.amazon.co.jp/Unity2018入門-最新開発環境による簡単3D-2Dゲーム制作-荒川-巧也/dp/4797397667

n-22765020 at 14:47 | この記事のURL | |

2018年08月22日 【蒲田校】本日より3日間CEDEC2018

本日よりゲーム開発者向けカンファレンスCEDECが開催
研究のため本校の教員も積極的に参加しております。
今回、基調講演に任天堂の代表取締役フェローのである宮本茂氏が
登壇。朝から参加者の長蛇の列!!
憧れのゲームクリエイターの生声に感動です。
IMG_0892



n-22765020 at 14:16 | この記事のURL | |

2018年08月20日 【蒲田校】ゲーム大賞アマチュア部門受賞速報

4年連続、日本ゲーム大賞アマチュア部門受賞!!

今年度の応募作品は過去最多の454作品!ゲーム業界誌編集者、クリエイターがプロの視点で審査。
1次、2次、最終と厳しい審査を経て「大賞」「優秀賞」「佳作」を受賞する12作品が選出されました。

今年はなんと蒲田校から2作品受賞です。

学生作品「PROJECTION REMAINS」
「うつしき」が受賞確定!
四年制と、2年制の2チーム。

http://awards.cesa.or.jp/prize/prize_03_01.html

大賞・優秀賞・佳作 各賞の発表は東京ゲームショウ2018 9月22日(土)の10:30より
イベントステージで!

n-22765020 at 14:7 | この記事のURL | |

2018年08月19日 【蒲田校】スクウェア・エニックス特別講座

蒲田校では体験入学スクウェア・エニックス特別講座が開催されました!
写真の時点で、かなりの人数にご参加いただいているのですが
この後にも、続々と参加の方が入室され
満員の可能性があり急遽、追加の椅子を準備する程の盛況でした!!
午前様子
たくさんの、本当に沢山のご参加ありがとうございます!
質問タイム

講義終了後には、座談会でゲストの土田様に
質問できるチャンス!業界のたくさんのお話を聞くことができました。
土田様、ありがとうございました!!

n-22765020 at 20:38 | この記事のURL | |