ゲームクリエイター科 ブログ(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

ゲームクリエイター科blog

2006年10月27日 学会:定例報告会「ゲーム世界観の作り方とその実践」

定例会「 ゲーム世界観の作り方とその実践 」に参加してきました。

定例会の内容はガンパレードマーチなどをデザインした、ゲームデザイナー芝村裕吏氏のお話。
世界観についての話でした。世界観とはどのようなものか、単語の定義から始まった今回はやや異質なように感じてしまいました。
世界観の歴史や、プランニングの重要性、天の時・地の利・人の和など興味深い話が多かったと思います。川村の専門であるシステム系とは、ずれていたので思いっきり楽しめるというわけではなかったですが、とても為になる違う切り口の話だったように思えます。
公演の最後には実践ということで、”巨石”、”東大”、”学会”のキーワードを利用した世界観の作り方を見せていただきました。答えを見てしまえばどって事の無い内容でしたが、きっとコロンブスの卵なんだろうと思ってしまいました。

先々月は、体調不良で不参加、先月は、レポートを書くことは無く(というより、仕事で一杯一杯で・・・)、久しぶりの投稿になります。いやはや、今日も既に手を抜いているというのに・・・。

次回以降もお楽しみに。

n-22765020 at 19:31 | この記事のURL | |

2006年10月26日 CESA:人材育成委員会

東京ゲームショウなどを開催しているCESAの人材育成委員会に参加してきました。
今年から、CESAに加入した日本工学院専門学校。CESA主催の人材育成委員会に参加してきました。約1年間の期間で、今後のゲーム業界を担っていく若者達にどのような事をしていけば良いのかを決める委員会のように見えました。
全国のゲーム系学科を設置している専門学校の代表者約20名が集まりましたが、今回は報告程度の内容でした。今後に期待したいと思います。

n-22765020 at 19:21 | この記事のURL | |

2006年10月25日 Web:ゲームのダウンロード

ゲームのダウンロードを更新しました。
東京ゲームショウに出展した作品をアップしました。
OPTICSというブロック崩しと5DAYS10minutesというアクションゲームです。
http://blog4.neec.ac.jp/hp/archive/index.htmlです。
よろしくお願いします。

n-22765020 at 23:42 | この記事のURL | |

2006年10月24日 制作:成果発表会&主旨説明会

マルチメディアホールにて、2005年度ゲーム制作プロジェクト成果発表会&2006年度主旨説明会が行われました。
制作05:ゲーム制作プロジェクト成果発表会

写真はその時の様子です。
マルチメディアホールという、学校でも有数の豪華施設で発表会が行われました。
はじめにライブラリ制作チームがプログラミングスタイルについて発表を行いました。MVCモデル、ファイル分割、トップダウン・ボトムアップ、エクストリームプログラミング(XP)について紹介していました。あまりプログラミングに慣れていない人にとってはなんだか分らないことだと思いますが、将来きっと役に立つはずです。
続いて、ゲーム開発研究チームグループのプログラムトライアングル-Next-。「Enters in The ground」というアクションゲームを披露しました。敵を倒すより、罠を回避することに重点を置いたこのゲーム。TGS用の短時間で遊べるステージを作ったりとなかなか凝っているゲームでした。
最後はPROGRAM SQUARE+αの「5DAYS 10minites」。凝ったHTMLなどで丁寧に説明していました。右下の作品紹介でも紹介されていますが、属性を意識したアクションゲームになっています。Entersとはまた違った魅力のある作品でした。

次回11/9(木)16:00〜趣旨説明会・チーム編成など行いますので、本日来られなかった人も興味があれば是非来てください。新しい意欲と情熱を注いでください。
また、blogを読まれている方も今後に期待してください。

n-22765020 at 21:19 | この記事のURL | |

2006年10月22日 学校:オープンキャンパス・体験入学(2006年度秋05回目)&エレベータ・スロープ

本日、秋のオープンキャンパス+体験入学が実施されました。
多くの方が参加してくれました。
参加された皆様、ありがとうございました。

ゲームクリエイター科の体験入学が行われました。

今回ゲームクリエイター科の体入では、前回同様
午前機ВDアクションゲーム(タンクファイト)作成
午前供С慍弊睫
午後機Д轡紂璽謄ングゲーム(フラワーシュート)作成
午後供С慇減酩並慮
の4本立てでした。

この秋ステージのレポートはゲームソフト科ではなくて、学校全体の体験入学のレポートにしたいと考えます。
今回はエレベータやスロープについてです。
ありがたいことに、川村は五体満足です。普段はあまり気が付きませんでしたが、ゲームソフト科で利用しているスペースは全てバリアフリーになっていることに気が付きました。
本日車椅子で来られている方がおり、改めて確認することが出来ました。最近のゲームは健康者だけでなく、ハンディキャップを背負われた方や、年を重ね体が不自由になった方向けのゲームも考える時代になりつつあります。今回、川村はその事を改めて考え直させられました。

次回はかなり飛んで約一ヵ月後の日曜日(11/19)
かまた祭などありますので、是非遊びに来てください。ゲームソフト科や、各クラスでイベント企画中です。
多くの皆様の参加をお待ちしております。

n-22765020 at 22:23 | この記事のURL | |