ゲームクリエイター科 ブログ(ゲーム 専門学校)

クリエイティブを現場で磨く。



ゲームプログラマー・プランナーをめざす人の情報ブログ ゲームクリエイター科blog

ゲームクリエイター科blog

2007年04月22日 学校:オープンキャンパス・体験入学(2007年度春01回目)&体験入学開始

今年度もオープンキャンパス・体験入学が開始されました。
春3回から始まり、夏・秋・冬と去年とほぼ同量で実施予定です。多くに皆様の参加をお待ちしております。
新年度が始まり、一月もたたない今日でしたが多くの方に参加していただきました。
新しい試みが多く、やや戸惑いながら実施された体験入学でしたがいかがでしたでしょうか?
今回の反省を受け止め次回以降更に良い体験入学を実施できるようにしていきますので一度こられた方も再度いらしてください。

さて、今回の体験入学ですが昨年同様4部構成での実施になっております。
午前、午後分けて体験することも可能ですが一日を通しての参加をお勧めします。

また、今回時間が無いので個別にお話相談をした方がいたのですが、将来を真剣に考え、すでに何校も回られ「色々話を聞いてきたけど何が正しいのか、どういった所を見ればよいのか」と悩んでおられました。
希望を聞き、本科の特徴やメリット・デメリット(他校の話はしませんでしたが)を説明しました。
自分に合った良い学校を見つけて入学してもらえればと思います。
今年度に入りスタートを切ったばかりですが、このような方に出会い更に気が引き締まった思いがしました。

次回はGW明けの5/13(日)。多くの方の参加をお待ちしております。

n-22765020 at 23:33 | この記事のURL | |

2007年04月21日 学校:オープンキャンパス+体験入学予告

明日は今年度1回目の一日オープンキャンパス+体験入学が開催されます。
今年度最初の体験入学です。
今年度スタートの春ステージは昨年度とほぼ同一です。
ゲームクリエイター科(現ゲームソフト科)では4部構成で行います。
2学科、6専攻についても分かれてしまいますが、詳しくは当日スタッフにお尋ねください。


ゲームクリエイター科ゲームプログラミングコース
ゲームプランニングコース
ゲームCGコース
ゲーム音楽コース
高度ゲーム専攻ゲーム制作専攻
ゲームプログラミング専攻

午前1:FPS作成
午前2:学科説明
午後1:シューティングゲーム
午後2:学科説明

基本は1日の体験になります。しかし午前のみ、午後のみといったスタイルでも参加できますのでスタッフまでご相談ください

入学や就職の話も行いますので興味ある方のお越しをお待ちしております。
詳しくは過去ログを参照願います。

n-22765020 at 21:33 | この記事のURL | |

2007年04月20日 学会:定例報告会「セカンドライフ」(蒲田)

定例会「セカンドライフ」に参加してきました。

デジタルハリウッド大学院の三淵氏がセカンドライフとは何か、楽しみ方、問題点、今後の展望などについて語っていました。
果たしてセカンドライフはゲームなのかと問われれば真偽は難しいところですが、ツールという考え方でまとまりそうな気がします。
技術的な問題、モラル的な問題、法律的な問題など山積みではありましたがそれぞれ調整しながら運用をしているようでした。
今回の参加者の半数は女性でありユーザー層を語っているような気もしました。
PS3でのホームなどライバル製品が今後どのように挑戦していくのか、またセカンドライフはどのように受けていくのか、今後が楽しみです。

n-22765020 at 23:20 | この記事のURL | |

2007年04月16日 学校:講義開始(蒲田)

今日から本格的に講義が開始されました。

蒲田校で今日は全クラスの講義が始まりました。
また、1年生は全員クリエイティブリテラシーという講義を受けます。
2グループに分れ、Aグループは平林氏の公演、Bグループはコミュニケーションスキルの実習を行いました。
川村はBグループを担当したのですが、学生からの感想が「疲れた」。良い意見も多かったのですが、慣れないことを行った&ハイテンション?を要求した結果でしょう。今日はゆっくり休んでください。
クリエイターの心構えは卒業するまで、そして卒業してからも有効です。

n-22765020 at 20:22 | この記事のURL | |

2007年04月15日 資格:IPA情報処理技術者試験

今日はIPAが主催する、情報処理技術者の試験がありました。

基本情報、初級シスアドといった割と取りやすい(といっても合格率は10%台ですが)基本分野やテクニカルエンジニア(技術専門分野:データベース、ネットワークなど)、その他の分野(管理業務など)など多岐にわたっています。
専門学校で推奨しているのは基本分野の基本情報。かなり高度で一度で取るのはなかなか難しいですが、合格できればそれなりの実力・知識が証明されますので是非何度でも挑戦してもらいたいと思います。
暫くしたら、今回の問題と解説を行いたいと思います。

n-22765020 at 23:31 | この記事のURL | |